ヘルプ:履歴

提供: ウィキバーシティ
移動先: 案内検索

ウィキバーシティの編集可能なページは、すべてページの履歴を持っており、古い版のウィキテキストに加えて、全編集の編集日時(UTC)、加筆者の利用者名またはIPアドレス、編集の要約が記録されています。これはメディアウィキにおけるバージョン管理システムと言えます。

履歴にアクセスするには、ページの上部にある「履歴」のタブをクリックします。ページの履歴 (page history) は、版の履歴 (revision history) や編集履歴 (edit history) と呼ばれることもあります。

早分かり[編集]

  • そのページに加えられた全ての変更が新しいものから順番にリストされています。
  • 特定の版を見るためには、日付をクリックします。
  • 古い版と最新版を比較するためには、(最新版) (cur) をクリックします。
  • 直前の版と比較するためには、(前の版) (last) をクリックします。
  • 特定の版同士を比較するためには、左列のラジオボタンを古い版のほうで、右列のラジオボタンを新しい版のほうでクリックし、「選択した版同士を比較」ボタンをクリックします。
  • 細部の編集には「m」の記号が示されます。

履歴ページの使い方[編集]

以下は、デフォルトのスキンを使った履歴ページの例です(英語で表示した例なので日本語を使用している時と表現が異なっていますが、基本的な構成は同じです)。

Screenshot page history.png

編集は、新しいものから古いものの順に表示されています。一行ごとに各編集の記録が示され、日時、加筆者の利用者名またはIPアドレス、編集の要約などの情報が表示されています。このページの各部分の機能や意味するものを見てみましょう。

  1. ページ名はそのままですが、「履歴」タブがハイライトされています。
  2. これらのリンクを使って、ページのいちばん最近の編集(最近)や最古の編集(最古)、あるいは前後の編集記録を見ることができます。括弧の中の黒いテキストはリンク先がある時にはリンクに変わります。
  3. 青の数字は表示する編集記録の数です。20、50、100、250、500から選べます。大きな数字を選ぶと1ページ当たりの長さは長くなりますが、全ページ数は少なくなります。またここで選んだ数字は、(前 n)(次 n)の n にも適用されます。
  4. 「(最新版)」 (cur) は差分ページへ移動し、その編集と最新版との違いを表示します。差分表示の下に最新版が表示されるので、現在のページの状態も確認できます。
  5. 「(前の版)」 (last) はその編集と、直前の版の違いを比較する差分ページに移動します。差分表示の下には、新しい方の版((前の版)というリンクをクリックした記録行の版)が表示されるので、その編集の結果を確認することができます。
  6. 2列のラジオボタンは、ページ上の任意の2つの版を選ぶのに使えます。上の画像の10番と11番の版を比較したいとしましょう。この場合、まず、11番の半の左列のラジオボタンをクリックします。そうすると、右列のラジオボタンが11番の版の一つ前の版まで広がります。そうしたら、10番の版の右列のラジオボタンをクリックしてください。最後に、「選択した版同士を比較」のボタンをクリックします。すると、この2つの版を比較する差分ページに移動します。差分表示の下には、新しい方の版(この例では10番の版)が表示されます。
  7. ここには編集の行われた日時が、オプションで設定したタイムゾーンにあわせた現地時間で表示されます。
  8. ここには、投稿者の利用者名またはIPアドレスが表示されます。
  9. これは編集の要約です。利用者が編集ボックスの下にある編集の要約欄に書き込んだテキストが表示されます。
  10. この要約は矢印リンクと灰色のテキストから始まっています。これは、利用者がページの1セクションのみ編集したことを意味します(灰色のテキストがセクションの名前です)。このテキストはセクションを編集したときには自動的に追加されます。黒いテキストの方は編集者が書いた通常の要約です。
  11. m細部の編集(ページへの小さな変更)を意味します。これによって、ページに加えられた編集がどんな性格か知ることができます。

ページ名を変えるために「ページの移動機能」が過去に使われている場合、移動以前も含めたそのページの全履歴が表示されます。古いページはリダイレクトになり、編集履歴を失います。手動のコピーアンドペーストを使うページの統合の場合は、一般的には片方のページがリダイレクトになりますが、古いページの履歴はリダイレクトと一緒に保存されます。

削除されたページへの編集は、投稿者の投稿記録には保持されません。しかし、ページの履歴は保存されており、管理者によって参照することができます。管理者は、ページそのものの復帰もできます(Wikipedia:Viewing and restoring deleted pages by sysopsを参照)。

ウォッチ中のページ[編集]

ウォッチリストに入っているページの履歴を、ページ本体を見ずに表示させた時に、最新の編集記録にアップデートマーク(MediaWiki:Updatedmarker に応じた "updated (since my last visit)" などの文言)が記されていることがあります。これは、あなたがまだ確認していない、あなた以外の利用者が行った編集であることを示しています。ただし、未確認の編集全てに印が付くわけではないので、メッセージの現れる位置はやや誤解を招くものになっています。

ウェブのフィード[編集]

ページの履歴のフィードRSS または Atom)を、履歴ページで使える index.php のパラメータの一つである "feed" に、 "rss" または "atom" の値を入れることで得ることができます。すなわち、履歴ページのURLに "&feed=rss" もしくは "&feed=atom" を追加します。このようにすると、そのページの最新の10版について、フィード情報が表示され、それぞれの版間の差分ページへのリンクが提供されます。ブラウザによっては、投稿者ごとに並べ替えなどが可能なこともあります。詳しくは、Help:フィードの利用をご覧下さい。

ページの合成(呼び出し)[編集]

ページのセクションは別のページを呼び出しているものかもしれません(詳しくはページの合成を参照)。この場合、この呼び出されているセクションは独立した履歴を持つことになります。またページのウォッチ(監視)も別々に行わなければなりません。ヘルプ:単純な合成ページも参照してください。

画像の履歴[編集]

「画像」(より広くはアップロードされたファイル)は編集すること、より正確に言えば、新しいファイルを同じ名前でアップロードし直すことで差し替えることができます。この場合でも、全ての版が保存されています。画像の履歴は、画像ページの一部を構成しており、画像ページは画像をクリックすることで表示することができます。画像の履歴には、この記録の他に古い版そのものも含まれています。

削除された画像(記事で使われていない画像という意味ではありません)については、画像は保存されておらず、アップロードログ、削除ログ、また場合によっては「削除依頼」の記録のみが閲覧可能です。システム上には新しい版も古い版も残っていませんので、復帰することはできません。

特定の版へのリンク[編集]

時にはあるページの特定の版へのリンクが有用なことがあります。例えば、あるウィキバーシティの記事の批評をした時に、どの版を参照したのか明確にしたい時です。

もし参照したい版が最新版ではないときには、履歴を使って古い版を見ることができます。また、古い版を表示した時にブラウザのアドレスバーに示されるURLは、その版への固定リンクとして使うことができます。URLも参照してください。

なお、ウィキテキストの履歴は、過去に生成されていたページの状態と分けて考える必要があります。

  • ページ内に時間による変数が含まれている場合、生成結果は時間によって変化します。例えば {{CURRENTTIME}} はページを閲覧した時の時間を与えます。もし、ある時点で {{subst:CURRENTTIME}} のタグが書きこまれていたとすると、その版を保存した時にこの文字列は保存時刻に置き換えられています。
    • 特に、時間に依存する変数を含む表現でテンプレートや画像が参照されている場合、閲覧するごとに生成結果は変わります。
  • テンプレートや画像が呼び出されている場合、最新版が読み込まれます。読み込む対象について、過去の版を指定することはできません。また、テンプレート自体に呼び出されているテンプレートも修正されているかもしれないことに注意してください。

真の固定リンクを得るためには、生成されたページをHTMLファイルとしてアップロードし、そのURLへリンクすることです(HTMLファイルのアップロードをシステムが認めている場合のみ可能)。HTMLソースにはテンプレートの生成内容が含まれるので、テンプレートの変更または削除に影響されません。また、画像についてもURLで参照しているので、新しい版での差し替えにも影響を受けません。ただし画像が削除された場合には影響を受けます。

テンプレートの更新の影響を受けないウィキテキストの版を生成するためには、"subst:"を使います。m:Help:Downloading pagesも参照のこと。

ページデータの書き出し[編集]

Special:Export(ページデータの書き出し)はXMLファイルを生成します。この時、MediaWikiの利用者インタフェース部分は組み込まれず、指定したページ(複数可能)の最新版のウィキテキストと、オプションで過去の全版のウィキテキスト、編集日時、編集者情報、要約欄が含まれます。このファイルがどのように表示されるか(例えばXMLタグ付きなのか、改行が有効なのか)は、ブラウザに依存します。一部のブラウザでは、選択した部分を表示/非表示するための"+"と"-"リンクを表示します。XMLソースは、ブラウザの「ソースを表示」機能を使っても見ることができます。また、XMLファイルをローカルに保存して、お好みのプログラムを使って見ることもできます。

ページデータの書き出し機能を使えば、指定したページについて、過去の全版を対象にテキスト検索をすることができます。XML exportも参照のこと。

ページの差し戻し[編集]

あなたが加えた新しい編集が思った結果を生まなくても、あせらないでください。あなたの望む版まで差し戻すことができます。

過去ログに使用する[編集]

過去ログ(アーカイブ)という点からは、ページの履歴を使うよりも、別のページに保存する方が、検索エンジンによってテキストを検索できるという利点があります。履歴に保存されているテキストは、ページデータの書き出しを行ったあとでしか検索対象にできません。また、編集要約欄はあとから修正できませんが、アーカイブページはあとから適切な形で整形したり、ページ名を変えることができます。しかし、ページの古い版へのリンクを一覧にすることも可能です。詳しくはHelp:過去ログをご覧ください。

関連項目[編集]

  • http://tools.wikimedia.de/~daniel/WikiSense/Contributors.php - 指定したページについて次のことができるツール
    • 投稿者ごとに履歴を並べ替え
    • 投稿者ごとの編集件数をカウント
    このプログラムはウィキメディアプロジェクトのほとんどのサイトで動きます。