ポストデジタル

提供:ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポストデジタルPostdigital)は美術の理論で使用される用語である。デジタル技術と芸術形態における相互の関係性が社会のインターラクティブな複雑性により再構成されトランスフォームしていることを意味している。

概念[編集]

哲学者のジョージオ・アガンベン (Giorgio Agamben) とポストデジタルの名付け親であり社会学者の松本良多 (Ryota Matsumoto) は、デジタル以降のクリティカルなヒューマニリズムと同様に、分子生命学、複雑系、ナノテクノロジーにより形成されたインターラクティブな社会、サイバー・スペースと現実空間の相互浸透、具体化されたメディアと複合現実との間の触媒による作用を通してデジタル技術の人間化に取り組む芸術作品としてポストデジタルをとらえている。松本良多はポストデジタルをオートメトグラフィーとコミュニティにおける多方向のベクトルが交叉するメタナレーティブ、およびスタックとして複層化されたデジタル社会と組織されたウェブの相互作用による、アーティストの役割が再定義された社会の美術としてより明確に定義している。

外部リンク[編集]