企業法務の意義と代表的分野

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動
企業法務入門 > 企業法務の意義と代表的分野

企業法務の意義[編集]

企業法務とは企業社会における取引・組織・紛争等について、法的観点から事前的あるいは事後的に 問題の予防・解決を図る業務分野である。 今日の資本主義経済社会においては、世界中のあらゆるところで企業活動・企業取引が行われており、その一つ一つが法的観点から説明できる場合が多い。 例えば商品の納入は売買契約、銀行の融資は消費貸借である。


企業法務の代表的分野[編集]

以下の分類は、主に法律事務所における業務分類である。 なお、講学上の理由や事務所の方針によって呼び方が異なる場合がある。

<一般企業法務> 契約書作成・契約の法的交渉・株主総会やコンプライアンス(法令遵守)に関する法的助言

<M&A> 合併等の組織再編における法的手続に関する法的助言

<キャピタルマーケッツ> 株式・債券等の発行・デリバティブ商品に関する法的助言

<バンキング> 銀行の担保設定・債権回収

<ストラクチャードファイナンス> 不動産の証券化・プロジェクトファイナンス

<税務> タックスプラニングの法的助言

<知的財産法> 特許・著作権に関する法的助言

<倒産処理> 破産処理・会社更生手続に関する法的助言

<不動産> 登記実務

<紛争解決> 訴訟代理業務等