古墳時代

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

古墳時代は、一般に3世紀半ば頃から7世紀末までの約400年間を指し、中でも3世紀中葉過ぎから6世紀末までは前方後円墳が東北地方から九州地方の南部まで造り続けられた時代であり、前方後円墳の世紀ともいわれます。前方後円墳が造られなくなった7世紀には、方墳・円墳、八角墳などが造り続けられ、終末期と呼ばれています。古墳時代の後期は次の飛鳥時代と重なります。

この講座は、日本の古代史の学科の一部です。