国内総生産について

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

この世の中でお金が何らかの大きな価値と影響力を持っているのは、事実なんだろう。

もちろんお金で買えないものや、お金と絡ませて語ることが好ましくないことはあるけど、多くの世間の現象はお金抜きに語ることが難しかったり、事実上それが第一の重要要件であることが多い。

ところで国内総生産って、その国の人たちが生産したもの、あるいは労働によって生み出した新たな価値、を、お金に換算したものと言っていいのではないだろうか。

でもこのお金に換算、ってところがちょっと胡散臭い。

と、言うのは、どこだって誰だっていつだって、人間の生活上の労力ってそんなに変わらないんじゃないかって思うからだ。

つまり国内総生産が高い国家って、その国の人たちが普遍的には同じ労力で、より多くのお金を集めているってことを意味するんじゃあないだろうか?