手続き型言語

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

手続き型言語とは、計算機が実行する処理を表す文章を実行順に並べて、プログラムを記述する言語です。この名前は、実行順に並べられた計算機が実行する一連の処理を、慣習的に手続きと呼ぶことに由来します。

ほとんど全ての手続き型言語では以下の情報を記述できます。

  • 処理にて値が読み書きされる変数
  • 処理を行う/繰り返す条件

多くの手続き型言語にて、手続きには他の手続きから呼び出すための構造が与えられます/を与えることができます。この構造は、(プログラミング言語の取り決めおよび"手続き"の種類に応じて)手続き関数サブプログラムメソッドと呼ばれます。

個別の言語[編集]

(参照 w:手続き型プログラミング