西洋古代史

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

クイズ形式の学習教材で、西洋古代史への理解を深めましょう。
さらに理解を深めるために、自分でもクイズを作ってこのページに追加するのも良いでしょう。

アレクサンドロス3世について[編集]

Alexander and Bucephalus - Battle of Issus mosaic - Museo Archeologico Nazionale - Naples BW.jpg

アレクサンドロス3世について書かれた以下の文を読み、空欄にあてはまる言葉を答えなさい。[編集]

アレクサンドロス3世はマケドニア王国の首都 (     ) で、
マケドニア王 (          ) 2世とエペイロス王女 (          ) の息子として生まれた。
少年時代にはマケドニア人の学者 (          ) を「家庭教師」として招き、その教育を受けた。

紀元前334年に (         ) (漢字4文字)を行い、広大な帝国を作り上げた。
ところが紀元前323年、ある夜の祝宴中に蜂に刺され倒れた後、32歳の若さで死去した。

アレクサンドロスの帝国とその後継王朝には、
ギリシア文化とオリエント文化が融合した (        ) 文化が根付き、
その後の古代ローマにも強い影響を及ぼした。

解答[編集]

以下のウィキペディアの記事を参照して自己採点をお願いします。