2次方程式の解の公式の証明

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

証明[編集]

2次方程式() においての解の公式は、

特に、() においての解の公式は、

特に、() においての解の公式は、

となることを証明する。


両辺に をかけると、 両辺に を加えると、 したがって、 となり、2次関数の解の公式が導かれる。


また、解の公式において、 とすると、


また、解の公式において、 とすると、