コンテンツにスキップ

C++の基礎3:変数

提供:ウィキバーシティ

変数とは[編集]

変数とは、データを一時的に保存する場所のことです。変数を使うことで、プログラム中でデータを保持したり参照したりできるようになります。

変数の宣言[編集]

変数を使用するには、最初に変数を「宣言」する必要があります。宣言とは、その変数の名前とデータ型を指定することです。

int x; // int型の変数xを宣言

データ型[編集]

データ型とは、変数に格納されるデータの種類を表します。C++には主に以下のようなデータ型があります。

整数型
int, short, long, long long
浮動小数点数型
float, double
文字型
char
ブール型
bool

それぞれのデータ型で扱える値の範囲や精度が異なります。使用目的に合わせて適切なデータ型を選ぶ必要があります。

変数の初期化[編集]

変数を宣言すると同時に初期化することができます。

int x{42}; // xを宣言し42で初期化

変数への代入[編集]

変数を宣言した後は、その変数に値を代入できます。

int x;
x = 123; // xに123を代入

変数の利用[編集]

代入した値を利用して、様々な処理を行うことができます。四則演算や、条件分岐、ループなどです。

int x{2}, y{3};
int z{x + y}; // zには5が代入される

文字列型[編集]

文字列を扱う方法としては、C形式の'\0'で終端されたcharの配列と、C++のstd::stringがあります。std::stringの方が扱いやすく便利です。

#include <string>

std::string str{"Hello"}; // OK
char cstr[]{"World"};     // OK

まとめ[編集]

変数は一時的なデータの保存場所です。変数を上手く使うことで、プログラムの記述が柔軟になり、ロジックを構築しやすくなります。適切なデータ型を選び、変数を効果的に利用することが大切です。