School:グラフィック

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

グラフィックについて学んでみましょう。

まず、グラフィックとは何かについて解説します。 1,広義では、平面上に描かれたアートを指します。 2,コンピュータの画面上に描かれる、いわゆる「コンピュータグラフィック(CG)」を指す。

ここでは、2のコンピュータグラフィックについて解説していきます。

コンピュータグラフィックには、大きく分類して「2DCG」と「3DCG」があります。 同じ平面上に表現するものでありながら、2DCGに奥行きは存在せず、3DCGには奥行きが存在します。

まずは2DCGについて学んでみましょう。

さて、2DCGを作成するためには、専用のソフトウェアが必要になります。 代表的なものは、Adobe社のPhotoShopやIllustrator、Corel社のPainterなどがあります。