School:音楽

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

School:音楽 へようこそ!

音楽は、人の考えや感情、行動までも左右してしまうものです。 そんな不思議で奥深い音楽の魅力を感じてみませんか?

そもそも音楽とは[編集]

歴史[編集]

先史時代[編集]

人類が誕生して言葉もままならない時代に、獲物を獲るなどして何らかの喜びを感じた時に、周りのいろんなものを叩いて音を出して喜びを表現したのが始まりです。そのころ、地球上には猛獣などの恐ろしい動物がたくさんいました。大した武器もなく、力もあまり強くなく、しかしあたまのいい動物、「人間」は、物を叩いたりして、恐ろしい動物を追い払いました。そのうちに人類は、声を出してメロディーを作り出すことを発見しました。

古代[編集]

人間の社会が発達してきた頃、楽器も進歩し始めました。次に、声を出さずに、いろいろな物を吹いたり、ひいたりすることで音程を作り出す、ということを発見しました。約3000年ほど前の地層から、骨を利用した角笛も出てきています。メソポタミアやエジプトなどの壁画には、楽器を吹いたり、ひいたりしている絵が残っています。

紀元を迎え、音楽は急速に発展しました。古代ギリシアでは、詩の朗読や劇の上演に際して音楽が演奏されたと考えられています。このように劇と一緒に音楽を流すということは、現在の“オペラ”というスタイルに引き継がれています。