Topic:郷土

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

郷土概念の諸観点
日常語としての郷土
学校教育における郷土科、郷土教育、地域学習
人間形成空間としての郷土

地域活性化[編集]

今、日本では地域活性化が大きな課題となっています。少子高齢化が進み、過疎地方はお年寄りが多くなり、仕事や店などが若い人になくなると、その若い人は仕事や店舗などを求め都会へ出ていきます。すると子どもがいなくなり、少子高齢化がさらに進むという悪循環です。

交通網の衰弱[編集]

我が国の地域交通は今、大きな危機に直面しています。日本全国で赤字交通の今後が憂慮されています。鉄道及びバスは足腰の悪くなりがちなお年寄りにとって重要な、日常の一部です。しかし、日本全国で赤字の路線及び駅はどんどん廃止になっていきます。少子高齢化で乗客がいなくなり、採算が採れなくなるためです。雪深い地域では、誰も利用しない駅のために除雪をすること必要があったりと、大変維持費がかかるほか、その他の地域においても車両や乗務員、鉄道に至っては線路の保守をすることなど、様々なことが必要となってきます。これらは、高齢者の免許返上の機運が高まっている現在(2019年)では、これを実行する大きな障害となっています。これを挽回するためには、過疎地域に若い人を住まわせ、これらの公共交通機関を便利にするなどの対策が必要なのです。