Wikiversity:Multilingualism/Ja

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィキバーシティ・ベータは、複数の言語においてウィキバーシティ・プロジェクトを調整することを目的としているグローバル・プラットフォームです。その多くのメンバーのインプットから助けを得るために、ベータは効率的な多言語での議論システムをセット・アップしなければなりません。

既存のシステム[編集]

多言語化はたいてい一方向の概念です。まず、英語のソース・ページがあります、そして、英語の読めない読者に理解できるようにするためにそれを翻訳します。このシステムの主な欠点は、英語を書けない人が議論に参加できないということです。彼らができることは翻訳されたものを受動的に読むことだけです。

ベータで議論される問題が、すべての言語のウィキバーシティにかかわるとき、すべてのプロジェクトからの参加者が意見を述べられることが必要です。

提案されたシステム[編集]

この提案についての議論はトーク・ページで歓迎されています。

1 - 新しい議論を始める参加者はそれについての短い要約を書いて、調整のマザーページのリンクを加えます。
2 - 翻訳者はほかの言語に要約を翻訳して、調整ページのリンクを加えます。


3 - 各言語のトーク・ページで、議論をし、意見を述べ質問をします。彼らはこれを要約する短いパラグラフを書いて、新しいID番号で彼らの言語のサブページにそれを書きます。調整のマザーページに、彼らはID番号とその要約へのリンクを加えます。
4 - 翻訳者は定期的にそのページをチェックして、彼らの(同じIDの)ページの新しい要約を反映させます。


5 - 議論が続いていきます。それぞれの新しい要約に、調整ページと全ての言語のサブページで確認する固有のID番号が与えられます。


このシステムを機能させるためのガイドライン[編集]

  • 短いほどよい。簡潔さが効果的な多言語での議論の鍵です。長いパラグラフは多分翻訳されないでしょうし、ほかの言語のページにも反映されないでしょう。それはふさわしい考え、批判、質問がいかなる注目も得ないということを意味しています。
  • 告知してください。 議論が始まるときは、Wikiversity:Announcements/Jaで告知されなければなりません。.
  • パラグラフの番号付け。パラグラフは簡単に確認されるために番号を振らなければなりません。最初の要約は#1です。新しい要約はあとに続きます。これは参加者は彼らのページを加える前に、彼らのぺージが最新であることを確認し数の衝突を避けるために、ほかのページをチェックしなければならないことを意味します

このシステムの利点[編集]

  • 誰とでもつながることができ、議論に参加することができます。
  • 参加者は手短になり、重要な話題に集中することが要求されます。
  • 言葉が何であっても、参加者間の合意が起こりえます。

欠点[編集]

  • このシステムは翻訳者の数と効率性にかかっています。

翻訳[編集]

あなたが複数の言語に堪能ならば、Wikiversity:Translationの翻訳者リストにあなた自身を加えてください。.

関連項目[編集]