ヘルプ:リンク

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動
草案:この文書は草案です。まだ公式にリリースされたものではありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

インターネットではハイパーリンクによって文書同士がつながっていて、簡単に別の文書を参照できます。ウィキバーシティではリンクは主に3種類に区別されます。ウィキバーシティ日本語版の中でリンクをするウィキリンク、関連プロジェクトなどにリンクをするウィキ間リンク、そしてURLアドレスを指定してリンクをする外部リンクです。それぞれ異なった見栄えで表示できるよう、CSSの定義が割り当てられています。ここではリンクの様々な種類と、表記法、また割り当てられるCSSのクラスについて詳しく説明します。

ウィキリンク[編集]

ウィキリンク(または内部リンク)は、日本語版ウィキバーシティ内にある別のページへリンクします。ウィキリンクを表記するには、リンクする先のページ名を2連の角括弧 [[ ]] で囲みます。例えば、「[[あい]]」と表記すると、「あい」と表示され、ページ「あい」にリンクされます。

パイプ付きリンク
ウィキリンクでは、バーティカルバー(|」、パイプ記号)を用いることで、リンクが付けられた文字列(リンクラベル)とリンク先のページ名を異なる文字列で表示することが可能です。例えば、「[[あい|うえ]]」と表記すると、「うえ」と表示され、ページ「あい」にリンクされます。このリンク表記は「パイプ付きリンク」と呼ばれています。
赤リンク
リンク先のページが存在しない場合、ページを作成するためのリンクとして表示されます。この際、リンクラベルは赤い色で表示されることから「赤リンク」と呼ばれています。赤リンクには、 CSSのクラス new が割り当てられます。なお、通常のリンクが「青リンク」と呼ばれることがあります。
リンク先のページが、日本語版には現在ないが他の言語版にある場合には、{{仮リンク}}が使用できます。このテンプレートもリンクラベルを変更でき、そうするには引数を使用します。
自己リンク
リンクが表示されているページ名とリンク先のページ名が同一である場合、リンクラベルは太字(ボールド体)で表示されます。モバイルビューの場合は、太字にならず通常の文字と同じように表示されます。例えば、このページで「[[ヘルプ:リンク]]」と表記すると、Help:リンクと表示されます。このようなリンクは「自己リンク」(m:Help:Self link)と呼ばれています。自己リンクには、CSSのクラス selflink が割り当てられます。
コロンの用法
画像・音声などのファイル、カテゴリ、言語間リンクは通常のウィキリンクとは違った結果をもたらします。これを回避するためには、先頭にコロン (:) を付加します。例えば、[[:ファイル:Mediawiki.png]][[:Category:Help]][[:fr:Help:Link]] のように表記します。
サブページが有効な名前空間にあるページで、先頭がスラッシュ (/) で始まる記事にリンクしても、リンクを表記したページのサブページへのリンクとして扱われてしまいます。これを回避するには、先のカテゴリや言語間リンクと同様に、先頭にコロン (:) を付加します。例えば、[[:/cloudy]]と表記することで、「:/cloudy」と表示され、「/cloudy」にリンクされます。

スタブ機能[編集]

ページが標準名前空間にあり、リダイレクトではなく、かつ、ウィキテキストのバイト数が個人設定で設定されている「スタブ閾値」よりも小さい場合、存在するページへのウィキリンクは、クラス stub が割り当てられます。

この機能によって、加筆する必要があるような、とても短いページへのリンクを直ちに識別することができます。また、閾値を非常に大きい値に設定することで、次のようにも使用できます。

  • とても大きくて重すぎるページを見付ける。ただし、基準はウィキテキストのサイズなので、たとえテキストの量が小さくても、テンプレートやファイルの呼び出しが原因で重くなっているページもあります。
  • リンク先が標準名前空間のページかを見分ける。ただし、リダイレクトとは区別がつきません。
  • リダイレクトを回避するような雑草取りの作業時に、リダイレクトを見付ける。

転送リンク[編集]

特定の版やページ名を伏せてリンクをさせたい場合、「特別:転送/」を使うことにより、転送することが可能です。

  • [[特別:転送/revision/(版ID)]]特定の版への固定リンクが可能。
  • [[特別:転送/page/(ページID)]]特定のページへの固定リンクが可能。
  • [[特別:転送/user/(利用者ID)]]特定の利用者ページへのリンクが可能。

ウィキ間リンク[編集]

ウィキ間リンクインターウィキリンク)は、あらかじめ登録されている別のウェブサイト上のページへリンクします。「ウィキ間」という名前から想像されるのとは違って、リンク先はウィキサイトである必要はないのですが、リンク元のウィキサイトにおいて、インターウィキ・マップに掲載されているサイトでなければなりません。

ウィキ間リンクには、CSSのクラス exitw が割り当てられています。マークアップはウィキリンクと同じ形式ですが、リンク先にプレフィックス(接頭辞)をつけることで、リンク先のサイトを指定します。例えば、ウィキメディアプロジェクト内および他の多くのウィキでは [[wikipedia:Main Page]] と書くことで、ウィキペディアのメインページにリンクすることが出来ます。プレフィックスは、ウィキリンクと同じパイプ付きリンクのマークアップで隠すことが出来ます。

プロジェクト内のウィキ間リンク[編集]

ウィキ間リンクを使ってプロジェクト内のページにリンクすることはできますが、日本語版ウィキバーシティでは “ja:” のプレフィックスがついているリンクはウィキリンクと同じように処理しますので、あまり意味がありません。プロジェクトによっては、プロジェクト内へのウィキ間リンクは他のサイトへのリンクとして認識しますが、MediaWikiソフトは、ウィキ間リンクのリンク先のページの有無を検出しませんので、未作成のページへのリンクを区別する特別の体裁もありませんし、リンク先が未作成のページであっても、編集ページではなく閲覧用ページにとびます。更に、自己リンクであるかを識別することもしません。したがって、利点はあまりありません。

言語間リンク[編集]

他の言語の記事へのリンクは言語間リンクと言います。