将棋

提供: ウィキバーシティ
移動先: 案内検索

この研究室では将棋を研究しています。

本将棋[編集]

本将棋(奥は裏返した状態)

基本的な定理[編集]

  • 将棋は二人零和有限確定完全情報ゲームです。
  • 将棋は先手必勝、後手必勝、引き分けのいずれかです(ツェルメロの定理)。
  • パスできれば将棋は先手必勝または引き分けです(Strategy-stealing argument)。
  • 将棋の棋譜数(game-tree complexity)は、平均合法手数が約80通り、平均手数が約115手なので[1]、80115 ≈ 10220と推定されています[2]
  • 将棋の局面数(state-space complexity)Lは、4.65 × 1062 < L < 9.14 × 1069を満たすことが証明されており、1068から1069と予想されています[2]

合法手最多局面[編集]

△後手 持ち駒 金3桂3歩17
9 8 7 6 5 4 3 2 1  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲先手 持ち駒 飛角金銀桂香歩
合法手最多局面(593通り)




平安将棋[編集]

ごろごろどうぶつしょうぎ[編集]

5五将棋[編集]

どうぶつしょうぎ[編集]

アンパンマンはじめてしょうぎ[編集]

9マス将棋[編集]

3三将棋[編集]

脚注[編集]

  1. ゲームとしての将棋のいくつかの性質について - 松原仁、半田剣一
  2. 2.0 2.1 将棋における実現可能局面数について - 篠田正人