コンテンツにスキップ

C++の基礎2:関数

提供:ウィキバーシティ

 ここでは、C++の主な機能の一つである、関数について解説します。

概要[編集]

 関数とは、複数の処理をまとめたものです。具体的に言うと、複数の処理をまとめて、『呼び出す(call)』ことでその処理を実行するものです。また、関数にデータを渡して、処理の内容を変えることも出来ます。

[編集]

 実際に関数を作ってみます。これは、 前のページで作成したhello, world!プログラムです。

//hello, world!

#include<iostream>
auto main() -> int {
    std::cout << "hello, world!" << std::endl;
}

 この内、hello, world!と表示する処理を関数にしてみましょう。

//hello, world!
#include<iostream>

auto hello() -> void {
    std::cout << "hello, world!" << std::endl;
}

auto main() -> int {
    hello();
}

 これをコンパイルして実行してみてください。恐らく、最初のプログラムと同じようにhello, world!と表示されるはずです。