Topic:刑事訴訟法

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

刑事訴訟法では、日本の刑事手続に関する法律について学ぶことが出来ます。

この講座は、日本法学科の一部であり、法学部に属しています。

歴史的には、訴訟といえば市民同士の民事訴訟を指し、刑罰を科す手続といえば権力の側から市民への一方的な実力行使や処分でありましたが、 時代が進むにしたがって、市民の手続及び人権の保障が強化され、訴訟としての形を整えるようになりました。 最近においても、被害者参加制度、裁判員裁判制度、重大事件の公訴時効撤廃といった法整備が相次いで行われ、ダイナミックに変化しようとしています。

ここでは、刑事訴訟法典の解釈を中心に、刑事手続の流れに沿って、関連する法規にも触れながら学習します。

なお、講座は便宜上名称を付け区別してありますが、どのような分類をするかやどのような順番が良いかは人によっても異なります。

講座[編集]

略など[編集]

条数だけで示してあるものは、刑事訴訟法の条数です。

参考文献[編集]

この講座全体に関するもの。発行年月日の新しいもの順。