School:法学

提供: ウィキバーシティ
移動先: 案内検索
ようこそ法学部へ。
Scales of Justice

法律

言語
とは特定の行為を禁止・許可・命令し、対立の正式な解決方法を決定し、人々と組織の間の関係を定める規則や基準の集合のことです。法規が依拠する権威や法規が正式に成文化される範囲はその管轄権によって異なりますが、全ての現代の法律制度は、規則を破ったと疑われる人々の公平な扱いを保証し、正義をもたらすという試みにおいて一致しています。

学部のニュースと最近の出来事

ニュース
  • 投稿してくださる方を求めています。



学部の歴史の主な出来事

History
  • 2007年4月29日 - 学部が創設されました!
  • 2008年2月15日 - 日本法の学科が設立されました。

活発な参加者

引用句

引用句
  • "学ぶことに匹敵する宝はこの世にはない。そして法律の知識ほどすばらしいものはない。"

- エドワード・コーク

  • "法律は...いつでも誰にでも、必ずアクセスできなければならない。"

- フランツ・カフカ

  • "全ての法律を明白に、一様に、正確にせよ。法律を解釈することは、たいていにおいて法律を堕落させる。"

- ヴォルテール

関連する学部

歴史
政治学
歴史 政治学
社会学
社会科学
社会学 社会科学

学科

筆記

学部内の学科は “Topic” 名前空間のページにあります。学科のページは学習教材と学習プロジェクトにリンクします。学科や学科に関するさらなる情報は Wikiversity:ウィキプロジェクト をご覧ください。

  • 基礎法学 この学科は、法思想や法哲学の情報を提供します。
  • 日本法 - この学科は、日本の国内法についての学習教材を提供します。
  • 国際公法 - この学科はウィキバーシティの参加者が、国家間で適用される法を取り巻く問題(人権、国際紛争、国際刑事法など)を考えるような学習教材を提供します。(政治に関する学部の学科にもなります(国際関係))
  • 国際私法 - この学科はウィキバーシティの参加者が、国境を越えて行われる(すなわち、1つの法域では行われない)企業間や、企業と外国の間の取引を定める法律を考えるための学習教材を提供します。
  • アメリカ合衆国法 - この学科は、参加者にアメリカ合衆国の法の様々な側面についての学習教材を提供していきます。
  • 中国法 - この学科は、参加者に現在の中国法や中国法の歴史についての様々な見解を提供していきます。

姉妹プロジェクトでの法学・法律

ウィキペディア ウィキニュース ウィキクォート ウィキブックス ウィキソース ウィクショナリー
w:法学 n:カテゴリ:法律 q:法 b:法学 s:Wikisource:法律 wikt:法学



講座

講座を書いてください! 単純に講座(講座は名前空間の独立したページのことです)の名前のリンクを作って、書き始めるだけです!思い出してください、ウィキバーシティは"行動による学習"という教育モデルを採用しました。講座はウィキバーシティの参加者のために、学習活動を中心に展開しなければなりません。私たちは行動によって学びます。

研究プロジェクト

このウィキバーシティの特徴的分野は更なる議論の後に実施されるでしょう。

資料集

編集について

この方針は、現在何らの拘束力を持つものでもありません。

なお、合意によってもウィキバーシティの公式の方針を覆すことはできません。

編集についての議論は、このページのトークページで行われます。

中立的な観点
各講座の記述は、中立的な観点からなされることが推奨されます。少数説を通説のように記述したり、また分量の点においても、例えば判例や通説的見解を一行で記述し他の説を大量に記述するような、偏った観点による編集は推奨されません。ただし、もちろんこれは最初から完全な記述でなければならないというわけではありません。不十分な部分は、いずれ他の誰かが加筆・修正などしてくれるでしょう。
一方で、学習プロジェクトや研究プロジェクトにおいてはある特定の観点から記述をすることも許容されます。ただしその場合、必ず自己表明がなされなければならず、自己表明がないものは中立的な観点によらなければなりません。
独自研究
各講座、および学習プロジェクトでは、独自研究に当たるものは受け入れられず、記述に際しては出典を明記し、検証可能性を充たすことが推奨されます。
一方で、研究プロジェクトでは、独自研究も許容されています。
記述の対象
ウィキバーシティの各講座や各学習プロジェクトなどにおいて記述の対象となる事柄がどのようなものであるかについては、Wikiversity:ウィキバーシティとは何かや、Wikiversity:ウィキバーシティとは何でないかも参照してください。ウィキバーシティの講座や学習プロジェクトは、学習のためのものであり、法学の学習を目的としないような情報については、Wikipediaなどにおいて記述されることが望まれます。

ウィキペディアの w:プロジェクト:法学 なども参考となるでしょう。