Wikiversity:自己表明

提供: ウィキバーシティ
移動先: 案内検索
Purple question mark.svg この文書はウィキバーシティ日本語版の公式な方針あるいはガイドラインの草案です。現時点ではまだ拘束力はありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

ウィキバーシティは幅広く自由な思索を目指し、中立・「NPOV」であるよう努力するという意味で、目指す方向性はウィキペディアと似ています。 しかしながら(いろいろな意見はあるでしょうが)中立性は常に可能ではありませんし、場合によっては中立性が望ましくない場合もあるので、偏った立場をとることができるよう、ウィキバーシティには偏りを自己表明できる仕組みがあります。具体的には、ウィキバーシティの参加者が伝統的なウィキメディア財団の中立的な観点(NPOV)の掟の範囲内にとどまると学問の自由について問題を抱えてしまうような状況において、中立的ではないウィキバーシティのページを「中立的ではない」と明示して、物の見方や観点について自己表明を明記してください。ウィキバーシティの学術倫理の約束を明確的に受け入れる人だけが、この方法により中立的な観点の掟による制約を受けることなくウィキバーシティのページを編集することができます。

偏りは自己表明しなければなりません。 いかなる学習教材や単位、学習コースを編集する人も、それぞれの学習教材の初めに、その内容の偏りを自己表明するべきです。学習コースや単位によっては複数の偏りを含むことがあるでしょう。そのような場合すべての偏りを表明してください。学習教材では一連の情報のうちその教材の偏りだけを自己表明すれば十分です。他の関連する教材の偏りについてまで表明する必要はありません。偏りについての自己表明がないページについては、中立的な観点の掟の制約に基づき編集されなければなりません。(ページの観点は重大なものであれば全て記述されなければなりません。)

既定の自己表明[編集]

自己表明

視点: 中立
教育哲学: 進歩主義

右に表示されている自己表明の内容は、ウィキバーシティの既定の自己表明です。

中立な観点は、ウィキメディアプロジェクトに期待されていることですから既定です。

英語のWikiversityと同様に進歩主義の教育哲学を既定としています。

See below for interpretation of these

観点のバイアス[編集]

観点=POV: Point of View

概説[編集]

WikiversityはWikipediaとは異なった目的を持っています。Wikiversityの標準名前空間のページはオンライン学習とWikiversity参加者の学習目標を支援することを目標とするものに割り当てられています。Wikiversityでは必ずしも中立的な観点は常に重要視されるわけではありません。これは反復的(あるいはwiki的)な、共通点に向かっての歩み寄り過程を示すものであり、Wikiversityでの学習スタイルと関係はあり得ます。多くのWikiversity標準名前空間のページは伝統的なWikimediaの中立的な観点の方針に従う努力をすることでしょう。

「中立的な観点」を維持するWikipediaの方針は、バイアスの少ない百科事典記事を作るという目的のためにあります。Wikiversityのページには機能上は百科事典記事に近しいバイアスのない記述を示すものもあります。そのようなページ(たとえば、ある学習教材の利点と限界を示す記事)には、Wikipediaの中立的な観点の方針は適応されるべきです。 Wikiversity名前空間の記事もNPOVに努めるべきでしょう。

対照的に、そのほかのWikiversityページはある特定の観点からみた研究に充てられているかもしれません。そのようなWikiversityページは世界を中立的に描写する必要はありません。学習者が食ってかかるようなことがあるでしょう。Wikiversity読者はWikiversityに中立的な観点を期待すべきではありません。利用者の利便のために、NPOVのページとそうでないページは区別され、伝統的なNPOVに従わないページにはその旨記載がされるべきです。NPOVに従わないページは、どうして伝統的なNPOVを支持せず、何を試みているのかを明確に示さなければなりません。WikiversityのコミュニティーがページにNPOVを免除するとき、コミュニティのメンバーはscholarly ethicsの高度な水準に適合していることを確認する責任があります。

NPOV例外の例[編集]

ある題材に関する学術的研究は時に学者が特定の観点を採用した時に進歩してきました。有名な例として後天性免疫不全症候群を引き起こすウイルスの理解があります。HIVの発見直後の1987年のはじめ、ピーター・デュースバーグはAIDSの発症原因としてのHIVの役割について体系的に異議を唱えました。デュースバーグは少数派の観点を採用し、その観点から記述した論文を出版し、彼の観点のメリットについての議論に参加しています。

教訓 Wikiversityは研究対象に関する個人的観点からの学術的調査を許容します。そのような研究による科目の中では、WikiversityのページはNPOVに沿って作られるとは限りません。それらのページは執筆者はどうしてNPOVからそれたのかという卓越した説明を含まなければなりません。良き学術的実践はたの観点をよくわかっていてかつそれに開かれ、それぞれの観点からの学術的分析を惹きつけるものです。すべてのWikiversityのページは研究対象についてNPOVを示す必要はありませんが、すべての学者はWikiversityのコミュニティーの下では自然を誠実に描写する必要があります。Wikiversityの編集者はAIDS否認のようなトピックを扱うページを作成・編集することができますが、そのようなページでは発想の学術的分析が必要です。そのようなページは欺瞞やばかげた論理の利用からではなく、注意深い理由付けと知的誠実さから引き出された説得力を模索することができます。

インテリジェント・デザイン論の唱道者は創造論の科学的研究や、自然界の諸相はインテリジェント・デザインのことばでこそ最もよく説明できるという考えに狙いをつけています。支持者はしばしばインテリジェント・デザインは進化論への科学的なオルタナティブであると言及します。しかしながら、創造論はほとんどの生物学者から宗教であって科学ではないと考えられており、公立学校におけるインテリジェント・デザインの地位は論争のさなかにあります。

教訓 インテリジェント・デザインについての学習プロジェクトは進化生物学の学科に含まれ得ますし、NPOV外で構築され得ます。これは地球上の生物はインテリジェント・デザインの過程によってもっともよく説明できる特徴を持っているという仮説の学術的科学的説明を認めるかもしれません。ID論の提唱者には明示的に科学的手法を放棄する者もいます。学術的手法をとらない学習プロジェクトはTopic:進化生物学のような科学的なページに自ら所属しようとすべきではありません。宗教的信念に基づく研究はSchool:神学で行われるべきです。この例のさらなる議論はen: Creation science and NPOVにて。

バイアス自体を知る たとえばナチ独裁政権下の科学者はどのように刊行された視点を曲げられたのかという研究は、もっとも自然に現在の、そしてナチのw:時代精神の歴史的学術的分析を用いなければなりません。それらの文書が様々なバイアスを示すないし示さなかったとしても、プロジェクトの指導の背景となる証拠か学習者のための材料として提供するには、一部あるいは全部がWikiversityのウェブサイト上にある必要があります。

There are many other historical examples of scholarly departures from unbiased study of a topic. (add more...)

相互作用におけるNPOV[編集]

中立的な観点はWikiversity上で表される考えに中立的であれと強いるものではありません。例えば、参加者がその内部状態の描写として感情をあらわにすることは歓迎されています。例えばある参加者(Wikischolar)は、新しい概念の習得に喜びを表現することができます。

NPOVは第一に、特定のトピックにおける適格性の好例として書かれた学術的題材は中立的であると扱います。それは均衡、慎重さ、節度の印象を与えるでしょう。

Case in study[編集]

Wikipedia's reference desk is the largest and most popular collaborative page which deals with any topic. It exemplifies how collaborative learning can occur in a "neutral" environment. The ratio of edits to vandalism on that page is the highest on Wikipedia when compared to any other project page.

Current POV Biases[編集]

その他のあり得るバイアス[編集]

  • 左翼
  • 右翼
  • キリスト教保守
  • リバタリアン
  • 無神論者
  • 自然主義者
  • 社会主義者
  • ムスリム
  • &c.

EP Biases[編集]

EP: Educational Philosophy

同様に、学習教材を作るものは異なった教育哲学を選択するでしょう。これらもまた開示されるべきです。

現在の EP Biases[編集]

Example Bias Disclosures[編集]

It doesn't show here, but the "Disclosures" heading links to this page.

Emblem-scales.svg 観点: .
この教材の著者は高度な水準の学術倫理の保持に努めています。

Physics course[編集]

Some biases that might apply to a traditional Physics course are floating on the right.



Emblem-scales.svg 観点: Marxist.
この教材の著者は高度な水準の学術倫理の保持に努めています。

Politics course[編集]

Some biases that might apply to a left-wing political course are on the right.


Resources[編集]

The following could be useful article(s) about the notion of disclosure:

See also[編集]