Wikiversity:用務員の辞任

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動
Green check.png この文書はウィキバーシティ日本語版の公式な方針です。すべての利用者が従うべきだと考えられています。必要に応じて編集することは可能ですが、その変更はコミュニティーの合意を反映している必要があります。大きな変更を加える場合は、先にノートページで提案してください。

用務員は、当人の意志と、他の参加者の支持があって成り立つものなので、そのどちらかが欠けた場合などには、辞任がありえます。

用務員がどのようなものであるかについては、Wikiversity:用務員を参照して下さい。


用務員が辞任すべき理由[編集]

  1. 本人が辞任を望む。
  2. ウィキバーシティへの参加を中止する。
  3. 他の参加者が、以下のような理由で、用務員に辞任してもらうことを望む。
    • 参加者一般の合意事項、意志を反映できそうにない。以下に例を示します。
      1. 他の参加者の意見に真剣に耳を傾けていない
      2. 広く意見を募ろうという態度に欠ける
      3. 反対意見を嫌う
      4. 特定の件についての合意をどうしても受け入れられない
    • 用務員権限の濫用があった。
      1. 当人が関与した編集合戦に絡んでページの保護をかけたり、相手をブロックしたり、個人的な動機でページを削除する、などの行為があり、再発防止のために用務員を辞めてもらう方がウィキバーシティにとってよさそうな場合など

参加者としての言動に問題があるが、用務員権限の濫用はない場合、態度を改めたり謝罪をしたりして信用を回復できるなら辞任の理由にはなりません。

退任とその手続き[編集]

権限除去申請[編集]

用務員を辞める(辞めさせる)場合、メタ・ウィキメディアで権限除去申請を出します。提出先は m:Steward requests/Permissions#Removal of access です。書き方や注意事項は、提出先ページに書かれています。

自動退任について[編集]

一定の期間、ウィキバーシティ日本語版で編集を行っていない用務員がいれば、自動的に退任させようという考え方があります。現在のところ、ウィキバーシティ日本語版では自動退任制度を導入していません。

自発的な辞任について[編集]

  • 用務員はいつでも自発的に辞任することができます。
  • その場合、本人がメタ・ウィキメディアで権限除去申請を提出します。できれば、こちらでも辞任を報告してください。申請方法がよくわからない場合、援助を依頼してください。辞任報告および援助依頼は、この文書の #用務員の自発的辞任 に書きます。
  • 辞任した用務員が、再び用務員に立候補する(または推薦を受ける)ことを妨げません。

コミュニティーによる解任[編集]

コミュニティーの投票(後述)によって解任される場合も、本人がメタ・ウィキメディアで権限除去申請を提出することが望まれます。用務員の地位を失ってより一週間経過までに本人が申請しない場合、他の用務員が申請します。申請に関する状況は投票ページでお知らせください。

用務員の自動退任[編集]

現在自動退任制度は導入されていません

用務員の自発的辞任[編集]

現在辞任を願い出ている用務員はいません

用務員の行為についての論争[編集]

用務員それぞれの行為に対する異議についてはその用務員のトークページで議論を行ってください。それでどうしても解決しない場合は Wikiversity:談話室 でコミュニティーの意見を仰ぐこともできます。

過去ログ[編集]

関連項目[編集]