Wikiversity:学術倫理

提供: ウィキバーシティ
移動先: 案内検索
Purple question mark.svg この文書はウィキバーシティ日本語版の公式な方針あるいはガイドラインの草案です。現時点ではまだ拘束力はありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

Wikiversityの参加者は、Wikipediaにおける伝統的な中立的な観点の方針に縛られることなく自由に各人の学習課題について探求することができます。NPOVに従うことなく編集されるWIKIVERSITYのページにはその旨がはっきりとわかるように表示されなければなりませんNPOVに準拠しないWikiversityのページを編集する参加者はまず、Wikiversityの学術倫理の方針を順守することを確約しなければなりません。学術倫理はWikiversityが知識のためにある学習者を支援するシステムであるということを確保するためのものです。学術倫理の方針はWikiversityがプロパガンダや欺瞞、剽窃のような研究不正から免れるために設計されています。Wikiversityは特定の政治的運動や宗教的イデオロギー、科学的・法的・歴史的理論を支持するためのプラットフォームではありません。Wikiversityはすべてのトピックにおいて学術的研究を含み得ますが、Wikiversityは特定の観点や運動、信念体系を提唱したり促進するために存在するのではありません。

方針[編集]

中立的な観点の方針の規定外にあるページを編集するとき、そのWikiversityの利用者は高度なレベルでの説明責任を帯び、臨時の査問を受けやすくなります。 NPOVの範疇にないページを編集する利用者は次のことを遵守しなければなりません。

  1. 電子メールアドレスが紐づけされた、登録された利用者として編集すること。
  2. 利用者ページに"学術倫理"テンプレート{{Scholarly ethics}}を置くこと。:
この利用者は学術倫理を受け入れ、学術的編集を行っています。この編集者は特に;:
  • 自己表明の下で、あらゆる学術的トピックにおいてすべての学術的証拠、事実、分析、思考に対して均衡のとれた、客観的で、正確かつ有益な取り扱いを行うよう努めます。
  • 自分ないし他の利用者の投稿において違法行為、欺瞞、その他非倫理的な行状を許容することはありません。
  • 研究を目的としてNPOVの範疇外の投稿をすることがあります。
  • 投稿内容の倫理的質についての質問に対して会話ページで返答を行います。

「学術倫理」テンプレートは当該利用者がWikiversityの方針と学術倫理規定を受け入れ遵守することを表明するものです。これは明示的に、当該利用者がWikiversityをプロパガンダや他の形をとった欺瞞の提唱・推進と知的不正に用いることを試みるのではなく、研究トピックにたいして学術的な考察を加えることに従事するということを示すものです。このことは証拠の捏造や隠匿をせず、事実や意見に対する違法ないし欺瞞的、不正的、その他非倫理的評価をしないということを意味しています。Wikiversityの学者たちは、誠実性と高い学術倫理標準をもって研究しなければなりませんし、し得るものなのです。

It is only by strictly adhering to the highest standards of scholarly ethics that members of the Wikiversity community secure and maintain an opportunity to participate in the Wikiversity community.

信頼と説明責任[編集]

高い標準の学術倫理に付属する説明責任は、Wikiversityの編集者となるすべての人に自動的に課されています。Wikiversityコミュニティーの信頼された構成員は、説明責任を受け入れ遵守することを示さなければなりません。もしもあなたがこれを理解できないか受けいれられないならば、Wikiversityを編集しようとして身を亡ぼすようなことはしないでください。あなたが信頼し得る利用者であると示されるまでは、あなたのすべての編集は高度な水準での精査の下にあり、あなたが行った疑問の残る編集は指し戻されるか異議がさしはさまれることになっています。学術倫理の実践の拒絶や荒らしは一時的あるいは無期限の投稿ブロックの原因となりえます。

Wikimedia財団の定めるNPOVの方針の範疇外にあるWikiversityの編集はある種の特権です。この特権はWikiversity利用者が高度な水準での学術倫理を順守しなければ容易に失われることでしょう。

Wikiversityは常に“誠実性の文化”の維持にも努めています。

関連項目[編集]