Wikiversity:利用者の権限

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動
Purple question mark.svg この文書はウィキバーシティ日本語版の公式な方針あるいはガイドラインの草案です。現時点ではまだ拘束力はありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

利用者あるいはユーザーとは、ウィキバーシティを利用する人のことを言います。広義の利用者はとは、講義をする人と講義を受ける人のどちらも「利用者」となります。利用者はアカウント(ログインを行わないときはIPアドレス)単位で認識されます。閲覧を行うのに制限はありませんが、編集などを行うときはログにその行動が残ります。

ここに記載のない利用者の権限についてはWikipedia:利用者で確認してください。

あるいはSpecial:ListGroupRightsで許可される機能について確認することができます。

利用者の権限[編集]

用務員
ページの削除、ページの保護、利用者に対するブロックなどを行うことができます。ほかのプロジェクトでは管理者とも呼ばれます。
ボット
プログラムを用いて大量の単純作業をこなすアカウント(通常の編集に使うアカウントとは別のアカウントにしてください)に対し付与されます。最近更新したページからデフォルトで編集を隠すための権限です。
ビューロクラット
他の利用者への用務員・ビューロクラット権限の付与、他の利用者のアカウント名変更、ボットフラグの付与と剥奪を行うことが出来ます。現在Wikiversity日本語版にこの権限を持つ利用者はいません。ビューロクラットでないと出来ない作業はスチュワードに代行を依頼する必要があります。
チェックユーザー(利用者調査者)
ログインユーザーが最近使用したIPアドレスを確認したり、特定のIPアドレスから行われた投稿を調べたりすることが出来ます。現在のWikiversity日本語版はこの権限をローカルで利用していません。チェックユーザーを実施する必要があればMetaのSteward requests/Checkuserでスチュワードに依頼する必要があります。(参考:CheckUser policy
オーバーサイト(秘匿者)
履歴等をオーバーサイトの権限を持つ利用者以外から秘匿することができます。特に個人情報の暴露など、不特定多数の目に触れるといけないものを秘匿します。現在のWikiversity日本語版はこの権限をローカルで利用していません。小規模のウィキでは基本的に用務員(管理者)の版指定削除機能でそれを代行します。編集フィルターの記録項目消去が必要なときなど、オーバーサイトでなければ対処不能な場合に限りオーバーサイト依頼を検討してください。オーバーサイトを行う必要がある場合、メールかIRCによってスチュワードに依頼する必要があります。依頼の仕方をよく読んで対応してください。
スチュワード
ウィキメディアの全てのプロジェクトにおいて、ほぼ全ての権限の上位互換となる非常に強力な権限です。ローカルウィキで用務員(管理者)、ビューロクラットなどがいない或いは一時的に不在となっているコミュニティで一時的にその役目を請け負うこともあります。Wikiversity日本語版では利用者へ権限やボットフラグの付与・剥奪を行ったり、利用者名変更を行う際に手を借りることがあります。