Wikiversity:履歴

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動
Blue question mark.svg この文書は日本語版ウィキバーシティの公式な方針あるいはガイドラインの草案です。現時点ではまだ拘束力はありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

ウィキバーシティの編集できるページには、過去の編集の記録である「履歴」の情報が付随しています。

この文書では、日本語版ウィキバーシティにおける履歴保存のルール、なかでも GNU Free Documentation Licenseを守るための履歴保存について述べています。履歴の見方や使い方については、Help:履歴をご覧ください。

履歴の法的な意味[編集]

ウィキバーシティで採用されているライセンスであるGNU Free Documentation License(GFDL) では、ライセンスの対象となっている文書の改変を許可し、その条件のひとつとして、履歴情報を含むセクションを保存し、文書に何らかの改変を行った場合にはその改変を履歴情報として追加するように、と要求しています。

これによって、ある文書を他人が利用することを許可する代わりに、その文書が誰によって作成されたかが文書を読む人に明らかになります。

法的には、 GFDL に違反することは、著作者の許可なく著作物を利用することになりますから、著作権侵害になる可能性があります。履歴情報を伴わずにコピーした場合には、日本の著作権法の文脈では、複製権、氏名表示権などの侵害になる可能性があります。

履歴情報が失われてしまう場合[編集]

ウィキバーシティでは、記事やノートなどを編集すると、ページの履歴情報は自動的に更新されます。これはウィキバーシティで用いているソフトウェアの機能によるものです。そこで、普通に書き込みをしているだけであれば、履歴の保存や修復について考える必要はまずないと言ってよいと思います。

また、ログインしているユーザが使える「ページの移動」機能も、履歴情報を自動的に処理するので、大抵の場合、問題がありません。

但し、ウィキバーシティ上で次のような作業をした場合には、履歴情報が損なわれてしまう可能性があります。

  • 日本語版ウィキバーシティ内のあるページから、別のページへ、文章の一部または全部をコピー&ペーストすること。(単なるコピー&ペーストではなく、文章を改変しつつコピー&ペーストを行う場合も含みます。)
    • 具体的には、決まり文句の使用、テンプレートの使用、ログ化、ページの統合、ページの分割、などを含みます。
  • 日本語版ウィキバーシティ以外の、他言語版のウィキバーシティから文章をコピー&ペーストしたり、翻訳したりすること。
  • 同じ GFDL でライセンスされているウィキバーシティ以外の文章を利用して投稿すること。

このような場合には、履歴情報を何らかの形で保存しないと、GFDLに反することになる可能性があります。

管理者への依頼をする方がよい場合[編集]

一部の管理者権限を用いることで、履歴の保存や修復を行うこともできます。

特に、2つ(またはそれ以上)のページをひとつに統合する場合には、Wikiversity:統合依頼に出すのがよいとされています。この依頼について特に異論などがなければ、管理者は、Wikiversity:ページ名の変更に説明されているような手続きを経て統合します。

  1. 依頼対象となったページの一方を削除する。
  2. もう一方を、削除したページへと移動する。
  3. 削除したページを復活させる。

この処理を経ると、2つのページの履歴も統合され、それが単一のページが改訂される際に自動生成される履歴と同じように見えるようになります。

履歴を保存しなくてもよい場合[編集]

GFDLで提供されている文書の履歴を保存しなくても問題がない場合も、例外的にですが存在します。

  • ある文書を編集したのが自分ひとりの場合。
    この場合、自分が定めた利用許諾に反して自分の文書を利用することになるわけですが、そこで誰かの権利が侵害される可能性があるとすれば、自分自身の権利でしょう。自分の著作権を自分で侵害することは問題がない(あるいは侵害にならない)ので、GFDLにこだわることはないと思われます。
  • あるページの途中の版以降、それまでの版に全く依拠しない文章を自分で新しく投稿、編集した場合。
    この場合、新しく投稿・編集が始まった時点よりも前の履歴を保存しなくても、おそらく問題ないのではないかと思われます。
  • あるページの履歴に掲載されている人全員から、履歴を保存しないことについて承諾を得た場合
    この場合、履歴を保存しなくてもよいと思われます。
  • あるページの過去の特定の版をコピーする場合。
    この場合、その版以降の履歴情報はその文書の履歴ではないので、その版までの履歴のみを保存して残りは除去するのがよいと思われます。

Q&A[編集]

Q. 英語版などでは、履歴の保存をしなくても、単に元になるページへのリンクさえ示せばよいという風になっているようですが、どうして日本語版ではそれではいけないのでしょうか?

A. 様々な理由がありますが、英語版は、アメリカの法律のみを考慮する方針で運営されています。そのひとつの帰結として、ライセンスについては、厳密に忠実に守らなくても、合理的に実行できる範囲で守りさえすればそれでよいと法廷で認めてもらえる可能性がある、とされています。日本語版でトラブルが起きた場合には日本の法廷で、日本法に基づいて裁かれることになる可能性があるため、このような「合理的に実行できる範囲で守りさえすればよい」という仮定を導入しにくくなっています。

また、英語版内では、GFDL の解釈や、GFDL とウィキバーシティの対応関係については解釈が分かれており、英語版の「 History 」のページは GFDL で要求されている履歴情報のことでない、という説や、ウィキバーシティは全体としてひとつの文書なので、履歴の保存を必要とするような「文書間のコピー&ペースト」はどこにも行われていない、というような説もあります。

Q.記事に何かをコピーして来た場合、その記事のノートのページに履歴を貼り付けるのでは駄目でしょうか?

A.ウィキバーシティでは、記事の履歴とノートの履歴はそれぞれ独立して存在しており、それぞれ独立の文書として存在しているようです。そこで、記事の履歴は「記事名/履歴」のようなページに、ノートページの履歴は「ノートページ名/履歴」のようなページに保存する方が理に適っているということに、今までの議論ではなっています。

Q.「記事名/履歴」というような名前の付け方は、いわゆる「サブページ」と呼ばれるものに相当するので、何か他のページ名にすることはできないでしょうか?

A.合意がとれれば可能だと思います。記事の履歴情報は、その記事とセットになった、単一の文書の一部分なので、そうであることがわかりやすい方が望ましい、という一般原則があります。ですが、サブページを利用しなければならない、という必然性はありません。

関連項目[編集]