Topic:電磁気学

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動
地球という巨大な磁石に太陽からの風が当たると光のカーテンオーロラが生まれる。
「電磁気学」へようこそ
本学科は物理学の学部の一部であり、理学のポータルに属しています。

学科で扱う分野[編集]

本学科では電気磁気について講義します。本学科では原子、分子、光学に関する物理学での基礎物理学を先に受講しておくとより理解が深まります。

1820年、デンマークの物理学者エルステッドは導線を流れる電流が磁力を変化させることを発見しました。これによって、新しい電磁気学という科学分野が生まれ、様々な現象へ応用されていきます。自然ではオーロラや稲妻といった現象がなぜ起こるのかが電磁気学で説明できます。また、エレクトリックギターやパソコンの半導体部品など、生活の身近な場面で使用されています。本学科ではその電磁気学を概論として説明し、その応用技術について学びます。

学科内の講座・科目・教材[編集]

関連学部・学科・講座等[編集]

本学科を学ぶ上で特に関連性のある学部・学科・講座等です。