ヘルプ:カテゴリ

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動
草案:この文書は草案です。まだ公式にリリースされたものではありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

カテゴリ (Category) とは、同じカテゴリ名に分類された各ページの索引を、自動的に生成する機能です。ここでは、カテゴリの使い方、カテゴリの作り方、カテゴリに各ページを含める方法、一覧での順序を決めるソートキーの仕組みなどを説明します。またカテゴリはリンクやテンプレートと一緒に使うことで、ウィキバーシティに蓄積された情報を連結します。

例えば、本文書は「Category:ヘルプ」に属し、このカテゴリには他のヘルプ文書も一覧にされています。各ページの下部に、属しているカテゴリが表示されます。カテゴリに含めるためには、[[Category:カテゴリ名]] と記述されます。

概要[編集]

カテゴリは、ウィキバーシティのシステムであるMediaWikiの機能の一つです。

同じカテゴリに属すページをまとめるには、[[Category:カテゴリ名]]あるいは、[[Category:カテゴリ名|ソートキー]]と記述します。記事名以外の順で一覧に表示したい場合にソートキーを使用し、日本語版ウィキバーシティではよく用いられています。漢字の読みをひらがなの清音で記述する必要があるためです。ソートキーだけを一括で指定する場合には、最初に{{DEFAULTSORT:ソートキー}}(または{{デフォルトソート:ソートキー}})を用います。表示される順は、各文字が割り振られた順番であり注意が必要となります。

カテゴリページとは、「Category」の名前空間にある各ページですが、ここへ上記のマークアップを用いてカテゴリ名へと分類されているページをまとめます。カテゴリページでは、カテゴリの説明と、カテゴリに含まれるページやファイルの一覧が表示されます。カテゴリページの説明は、他のページと同じように編集可能です。一方、カテゴリページの後半の一覧は自動的に生成されます。

一覧を表示するカテゴリページへのリンクは、先頭にコロンを加え [[:Category:カテゴリ名]] のように記述するか、テンプレートを用い{{cat|カテゴリ名}}とします。

ページをカテゴリに入れるには(カテゴリタグ)[編集]

あるページをカテゴリに入れるには、そのページの編集時に次のように書くだけです。

[[Category:カテゴリ名]]
[[カテゴリ:カテゴリ名]]

上の「カテゴリ名」のところに実際に含めたいカテゴリの名前を入れます。このようなリンクを「カテゴリタグ」と呼びます。

例えば「織田信長」という記事を「Category:人物」というカテゴリに追加するためには、「織田信長」の記事を編集して、ページのソース中のどこかに [[Category:人物]] と追加すればよいのです。実際には、カテゴリタグは、レイアウトのスタイルマニュアルに従い、記事本文が終わった最後に書かれます。(言語間リンクもあればその直前です)

ページにカテゴリタグを追加すると、指定されたカテゴリをまとめるカテゴリページにそのページへのリンクが自動的に追加されます。複数のカテゴリタグを追加することで、ページは複数のカテゴリに含めることができます。

またページにはカテゴリページへのリンクが追加されます。カテゴリページへのリンクは、編集テキスト中のカテゴリタグを挿入した位置に関係なく、決まった位置、標準の設定では一番下に表示されています。(位置は外装の設定により上の場合もあります)

ページ中のカテゴリへのリンクは編集テキスト中の記述順に並んでいます。

カテゴリページ[編集]

カテゴリページには以下が含まれています。

  • 編集可能なテキスト
  • カテゴリに含まれ自動生成されている一覧
    • サブカテゴリ(下位カテゴリ)の一覧と総数。「►」をクリックすると、サブカテゴリのサブカテゴリを展開します。
    • 表示されたカテゴリ中に含まれるページの一覧と総数。
    • 画像などのファイル(メディア)の一覧とその総数。各ファイルにはサムネイルが表示され、ファイル名の最初の20文字が表示されます(それ以上は省略されます)。また、ファイルサイズも表示されます。

自動生成される一覧はそれぞれセクションとなりますが、含まれるページがなければ表示されません。またカテゴリに含まれるものが一つもない時には、「現在このカテゴリには、ページまたはメディアがありません。」と表示されます。

一覧中の項目はすべてそのページへリンクしています。ファイルの場合は、ファイルそのものとファイルに付随するファイル名もリンクになります。

サブカテゴリとページの一覧では、各項目が最初の文字にて細分類されて並びます。この最初の文字はソートキーによって変更できます。ファイルリストではこのような細分類はありません。

一覧は一度に200件までしか表示できませんので、200件を超えると複数のページにて表示されます。サブカテゴリ、ページ、ファイルすべてを含めて処理されます。例えば「Category:人物」において、「おたのふなか」のソートキーを持つ「織田信長」の記事が200件目だったとすると、「かとう」のソートキーをもつ「加藤」の記事は次の200件のページに表示されます。このような事態を避けるためには、サブカテゴリのソートキーに記号や数字を用いるなどの工夫が必要となります。

カテゴリページへのリンクには、先頭にコロンを加えます。例えば [[:Category:カテゴリ]] のようにします。あるいは簡単に{{cat|ヘルプ}}と書いても、「[[Category:ヘルプ]]」へのリンクが作れます。これらの記述ではページはカテゴリに追加されません。

カテゴリページの作成[編集]

カテゴリページを作成する方法は、通常のページと同様です。カテゴリに含めたいページ上にカテゴリタグを追加し、自動的に生成されるカテゴリページへのリンクをたどってもよいですし、ブラウザのアドレスバーに作成したいカテゴリページのURLを入力してもよいでしょう。