Topic:行政法

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

行政法では、行政法について学ぶことが出来ます。

この講座は、日本法学科の一部であり、法学部に属しています。

行政法学の対象は行政法であり、ここでいう行政法とは、国や地方公共団体の行政活動に固有または特有の国内公法をいいます。このような行政法は、公益優先性や公権力性がその特質として挙げられます。これについては、w:行政法なども参照してください。

なお、講座は便宜上名称を付け区別してありますが、どのような分類をするかやどのような順番が良いかは人によっても異なります。

講座[編集]

行政法総論[編集]

  • 行政行為 - ここでは、行政行為の意義や性質、効力(公定力、不可争力など)、附款などについて扱います。
  • 行政裁量 - ここでは、行政裁量について扱います。
  • 行政指導 - ここでは、行政指導について扱います。

行政救済法[編集]

  • 行政訴訟 - ここでは、行政訴訟に含まれる各類型の訴訟についてその概要を扱い、行政訴訟を概観します。
  • 取消訴訟 - ここでは、取消訴訟について扱います。

参考文献[編集]

  • 櫻井敬子・橋本博之『行政法』弘文堂、2007年。ISBN978-4-335-35393-2
  • 芝池義一『行政法総論講義 〈第四版補訂版〉』有斐閣、2006年。ISBN4-641-13005-1
  • 芝池義一『行政救済法講義 〈第3版〉』有斐閣、2006年。ISBN4-641-12994-0
  • 塩野宏『行政法I 〈第四版〉』有斐閣、2005年。ISBN4-641-12958-4