Wikiversity:出典を明記する

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動

jawp jawt jawb jawq jawn jaws jawv

草案:この文書は草案です。まだ公式にリリースされたものではありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

ウィキバーシティの記事には、脚注参考文献などの情報源を明記することが必要です。

脚注を付けることで、読者は記事の元となった信頼できる情報源を確認することができます。脚注の示し方には、本文中に上付き数字を付ける方法があります。

ウィキバーシティの記事に出典を明記することは、検証可能性の観点からも求められています。信頼できる情報源に基づかない記事は検証のために議論ページに移動されることもあります。

脚注は、異議を唱えられる可能性の高い記述や、「最高」、「最初」、「唯一の」といった記述を行う際に必要となります。脚注の付け方が分からない場合でも、本文中に明示しておけば、誰かが修正してくれます。

なぜ出典を明記すべきか[編集]

  • 記事の内容が信頼できるものであることを読者や編集者が確認することができる。
  • 読者が記事の内容について信頼できる追加の情報源を見つけやすくなる。
  • ウィキバーシティ全体の信頼性を高めることができる。
  • 編集合戦の可能性を減らし、発生した場合でも問題解決を支援することができる。
  • 情報源を明示することで剽窃のクレームを避けることができる。

出典を明記するとき[編集]

ウィキバーシティの名前空間の記事に新しい情報を追加する際に、論争となる可能性がある場合には出典を明記します。

一般的には記憶を頼りに記事を書いている場合でも、脚注を付けるために信頼できる情報源を探す必要があります。あなたがあなた自身の知識から書いている場合でも、良い参考文献について十分な知識を持っていることが必要です。あなたは読者からの質問に答えるために常にいるわけではありません。主なポイントは他の編集者や読者を支援することです。

脚注を付けることは、特定の問題についてあなたの意見を書くときに特に必要となります。同じ意見を持っている人物や団体があれば言及し、その意見が書かれている評価の高い出版物の情報を引用してください。ウィキバーシティの多くのページは自己表明の方針に従っていることに注意してください。ウィキバーシティのページはあなたの独自研究を掲載する場所ではありません。主に一つの見方のみを探求するページであれば編集者は学術倫理に基づいて行動しなければなりません。優れた学問的成果を集積することがウィキバーシティの目標であり、検証可能な情報源を注意深く引用すること、信頼できる情報源を見つけるための誠実な努力が求められています。

引用するとき[編集]

公開された資料を引用する場合には常に引用を追加しなければなりません。引用の方法は引用符を付けて引用してください。

あなたが記事を検証するために情報源を利用する場合であれば、あなたが作成していない記事にも情報源を追加することができます。ウィキバーシティの記事に脚注を付けることは、ウィキバーシティへの優れた貢献方法になります。

記事内容に疑いのあるとき[編集]

あなたが書いた記事に対して誰かが疑問を持たないか、もっと情報源が必要でないか常に考えましょう。ウィキバーシティの記事に信頼できる情報源を追加することで、あなたの書いた記事は確固たるものになります。疑問の持たれる可能性が高い場合には常に出典を明記しましょう。

ウェブサイトを出典とするとき[編集]

よくある誤りは、他のウェブサイト上の情報を孫引きすることです。例えば、特定の書籍からのものであるという情報がウェブサイトに見つかる場合があります。しかし、あなた自身でその書籍を見て情報があることを確認しない限り、参照元はそのウェブサイトであり、そのウェブサイトを出典とする必要があります。したがって、そのウェブサイト自体が信頼できる情報源でなければなりません。あなたが自身で書籍を確認しない限り、その書籍を出典としてはいけません。

出典とできる情報源[編集]

  • 信頼できる査読済みの資料

出典を編集するためのツールバー[編集]

ウィキバーシティの編集ツールバーには引用の挿入のためのボタンがあります。ページの参照リストを作成するためのボタンもあります。ウィキバーシティの記事に番号付き脚注リストを追加する方法についてはHelp:脚注を参照してください。もし脚注に不具合がある場合には、ページのURLを表示するブラウザのURLウィンドウの記事名の後に「?action=purge」を追加してエンターキーを押してください。

ウィキバーシティの各ページでは、ページ全体を通して同じ脚注スタイルとしてください。記事にすでに脚注がある場合には同じ方法を採用するか、変更する前に議論ページで合意を形成してください。脚注は正しく記載される必要がありますが、最も重要なことは出典を特定するために十分な情報を明記することです。