ヘルプ:議論ページ

提供: ウィキバーシティ
ナビゲーションに移動 検索に移動
草案:この文書は草案です。まだ公式にリリースされたものではありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

ウィキバーシティの通常のページには、その内容について利用者が質問や議論を行うための議論ページ(ノートページ)が付属しています。なお、元のページについて、議論ページとの関連で言及する場合、「主ページ」や「表のページ」とも呼ばれます。以下の点を説明します。

  • 議論ページの用途は、主ページの内容の改善についての意見交換であり、あるいは、利用者の議論ページであるトークページでは学習教材の編集に関して交流するということです。そうしたこととは無関係に、演説をする場所ではありません。礼儀が必要です。

各ページに付属する議論ページへ移動するには、デスクトップではページの上部、モバイルでは下部の「議論」タブをクリックします(注:本文書のタブ名や位置は、標準的な設定の場合です。自分の議論ページであるトークページへの移動特別:トークページから行けます。議論ページがまだ無いときは、赤リンクとして表示されており、クリックするとページ作成用の画面が開かれます。

議論ページの用途[編集]

記事ページ[編集]

記事ページに用意されている議論ページは、記事としての主ページについての対話の場であり、ウィキバーシティの記事として改善・充実させるために使用されます。具体的には、記事内容への質問や感想の投稿、加筆や修正についての提案・議論、編集内容の要約の補足説明、スタイルに関する記事固有のルールについての相談などを行います。また時には、記事本文中の記述を、独自研究の疑いや、出典の不備などの問題のために、転記することもあります。いきなり完全に除去する代わりにそうされます。

ウィキバーシティは学習教材の創造と利用の場です。演説をする場所ではありません。一般に、記事のテーマについての自説や個人的感想を述べるため「だけ」に議論ページを利用することは歓迎されていません。あくまで、主ページがどうあるべきかという観点から発言するようにしてください。記事と直接関係ない、ウィキバーシティ全体に関する議論のためには、Wikiversity:談話室などが用意されています。特定の分野全体にまたがる話題を扱う場としては、ウィキプロジェクトも準備されています。

また、議論ページで議論が起こるのは自然なことですし、礼儀を守った建設的な議論は、多くの場合、記事内容の改善・充実にも有益ですが、度を越した論争は悪影響が伴います。議論に深入りする前に、利用者の行動のルールについての関係文書をよく参考にしてください。

利用者ページ[編集]

利用者の議論ページであるトークページは、利用者間で個人的に対話するために使えます。トークと表示されるので、「トークページ」とも呼ばれます。ウィキバーシティ上の公開ページですので、学習教材の作成とあまりに無関係なやりとりは控えてください。書きこむ際には、礼儀に気をつけてください

自分の利用者ページのトークページへは、特別:トークページから移動できます。各トークページには、履歴や最近更新したページなどで利用者名の後にある「トーク」というリンクからも移動できます。また署名に含まれるリンクから利用者ページを開いた後に、「議論」タブをクリックしても行くことができます。 アカウントを作成しログインしている利用者には、利用者ページに付属するトークページとして、専用のトークページが割り当てられています。ログインしていない利用者にも、IPアドレスごとの同様のトークページがあります。

その他のページ[編集]

Wikiversity ページやHelp ページなどの、その他のページに付属する議論ページは、基本的に主ページの内容、もしくはその使い方について話し合う場です。たとえば「Wikiversity・トーク:中立的な観点」であれば、ウィキバーシティの重要な編集方針である「Wikiversity:中立的な観点」の方針の内容や方針文の記述方法について話し合う場ですし、あるいは「Wikiversity・トーク:談話室」であれば主ページの「Wikiversity:談話室」をどう使うか、どう構成するかなどを話し合う場になっています。

ウィキバーシティ全体に関する問題や、どのページの議論ページに書きこめばよいかはっきりしない内容については、「Wikiversity:談話室」を利用することができます。